Xクラスの販売が中止へ

Xクラス
引用:https://www.motor1.com/photo/2233928/mercedes-classe-x/
スポンサーリンク

日産ナバラをベースに、メルセデス初のピックアップとして市場投入されているXクラス。しかし最近、このXクラスの製造販売が中止になることが決定したというニュースが入ってきました。

海外Automotive Newsによると、ダイムラーのコスト削減策による最大の被害者がXクラスであり、理由としてはやっぱりその販売不振。

実際、2018年度の欧州、豪州、アフリカ合算の販売数が17000台に満たなかったそうです。まあ、海外販売価格でも600~800万円スタートのXモデルに、ガンガン荷物載せて乱暴に扱えることが利点のピックアップ的な車利用ニーズがマッチしてなかったんでしょうね。

正直、汚くて安いトラックの方が何倍も実需にマッチしていたのでしょう。

残念。

SNSの反応

海外のクルマファンを中心に、既にXクラスの廃止については話題になり始めています。

参考:Xクラスと日産ナバラ

■日本のクルマ作りとメルセデス・ベンツのデザインが融合したピックアップトラック

『Xクラス』は、日本の技術力を駆使した強靭なボディと機能性、そこにメルセデス・ベンツのデザインを融合させたピックアップトラックだ。

じつは、『Xクラス』は純粋なメルセデス・ベンツ製のクルマではない。メルセデス・ベンツを擁するダイムラーとルノー日産アライアンスの協力関係を生かして開発され、日産『フロンティア』の後継モデル、新型『NP300ナバラ』とプラットフォームなどの基本構造を共有する。

つまり、すでに評価が確立されている日本製のピックアップトラックをベースに、メルセデス・ベンツがデザイン面で徹底的にカスタマイズを施したのが『Xクラス』ということになるだろう。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Editeur_43353/

編集部
編集部

あらら…でもなんとなく予想はできたよね。

コメント